日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

ウイルス感染症治療薬(肝炎ウイルス感染症治療薬)

(2016.12.16 00:00)

 肝癌の主病因とされるHCV感染者は1億8000万人、HBV感染は3億5000万人とされる。C型肝炎ウイルスのプロテアーゼに直接作用する薬剤と標準療法との併用は高い効果を示した。注射剤のインターフェロン(IFN)が含まれない経口薬だけの治療法が承認され、過去にない売り上げの伸長を見せている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧