日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

治療用酵素

(2016.12.16 00:00)

 治療用酵素はそのほとんどが難病の治療薬であり、患者数が極めて少ないためにその開発ではベンチャー企業が主要な役割を果たしてきた。ただし、新薬開発に苦労している製薬企業大手も治療用酵素に興味を持ち始めている。英GlaxoSmithKline社は、JCRファーマ(旧日本ケミカルリサーチ)とゴーシェ病などの治療薬のバイオシミラー開発で提携を進める。海外ではフランスSanofi社が2011年4月、治療用酵素最大手の米Genzyme社を買収して、事業の柱の1つにしている。ベンチャー企業であった米BioMarin社や米Alexion Pharmaceuticals社は複数の酵素製剤を保有するまでに成長した。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧