多発性硬化症は中枢神経系に起こる自己免疫疾患であり、国内では患者数が増加して2015年には2万人を超えたと推定される。田辺三菱製薬が創製したファースト・イン・クラスの塩酸フィンゴリモドはブロックバスターに成長した。複数の副作用を軽減した次世代のS1P受容体作動薬が開発後期に移行している。承認薬の無い1次性進行型多発性硬化症に対してオクレリズマブが申請された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)