2014年に統合失調症の治療を受けた国内の患者は77万3000人で精神及び行動の障害の疾患の中では最も多い。入院日数についても500日超と長期にわたる。服薬コンプライアンス向上のための1カ月1回投与型注射製剤が国内でも発売された。大日本住友製薬が創製した塩酸ルラシドンはブロックバスターに成長、大塚製薬のブレクスピプラゾールは米国で承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)