躁うつ病を含む気分障害で、国内では110万人超の患者が治療を受けている。米国ではSSRIとセロトニン5HT1A受容体部分的作動作用を併せ持つ新薬が登場した。アリピプラゾールを超える効果と安全性が期待されているブレクスピプラゾールが大うつ病の適応で承認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)