2014年に人工透析の導入患者は3万8327人、その43.5%が糖尿病性腎症であった。期待されたアンジオテンシン受容体拮抗薬の適応症拡大は失敗に終わった。非ステロイド骨格を有する鉱質コルチコイド受容体(MR)拮抗薬に期待が掛かる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)