糖尿病性潰瘍は、糖尿病性神経障害に末梢循環障害、感染症が重なり発症する。世界的な標準薬の塩酸デュロキセチンとプレガバリンが国内でも適応拡大された。開発難易度が高いため各候補品が苦戦する中、第一三共のミロガバリンに期待が掛かる。海外では遺伝子治療、再生医療の開発も進んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)