日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

糖尿病性網膜症治療薬

(2016.12.16 00:00)

 糖尿病性網膜症による失明者は、国内で年間3000人にも上る。抗体医薬のラニビズマブと融合蛋白質製剤のアフリベルセプトが糖尿病性網膜症の追加承認を取得した。アステラス製薬はVAP-1阻害薬の開発を進める。承認取得に成功すれば、この領域で初の経口薬となる。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧