日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

疼痛治療薬

(2016.12.16 00:00)

 疼痛緩和のための鎮痛薬の選択は効果とリスクを考慮することが重要である。疼痛治療薬では海外で実績のある薬剤が国内でも承認、ドラッグラグが大きく改善した。早期パイプラインには、抗NGF抗体、イオンチャネル阻害作用を有する候補などが並ぶ。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧