疼痛緩和のための鎮痛薬の選択は効果とリスクを考慮することが重要である。疼痛治療薬では海外で実績のある薬剤が国内でも承認、ドラッグラグが大きく改善した。早期パイプラインには、抗NGF抗体、イオンチャネル阻害作用を有する候補などが並ぶ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)