日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

白血病治療薬

(2016.12.16 00:00)

 全世界の2012年における白血病の死亡者数は26万人超、国内は7900人であった。慢性骨髄性白血病の1次治療薬では、イマチニブに続き、ダサチニブ、ニロチニブが3極で発売となった。第一三共は米Ambit Biosciences社の買収によって、手に入れたキザルチニブの開発を推し進める。細胞療法のCART療法については、効果継続や副作用の課題も挙げられている。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧