全世界の2012年における腎臓癌の死亡者数は14万3300人であった。国内の死亡者は8300人を超えた。腎細胞癌の薬物治療は免疫賦活薬から効果の高いマルチキナーゼ阻害薬に変わった。悪性黒色腫治療薬で承認を取得した免疫チェックポイント阻害薬は、腎細胞癌でも標準療法を超える薬効を示し、3極で承認を取得した。今後の要点は免疫チェックポイント阻害薬の併用治療になる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)