印刷する

閉じる

日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

前立腺癌治療薬

(2016.12.16 00:00)

 2014年、国内の前立腺癌の死亡数は1万1500人超、世界では30万人を超えた。新しい作用機序を持つ酢酸アビラテロンとエンザルタミドはブロックバスターに成長した。期待のアンドロゲン受容体抑制薬のガレテロン(TOK-001)のフェーズIIIは中止となった。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら