2013年に国内で肝癌が原因で死亡した人は3万人を割り込み、減少傾向にある。腎細胞癌治療薬のソラフェニブが肝細胞癌の適応拡大の承認を3極で獲得した。肝細胞癌治療薬の開発の難易度は高く、複数の薬剤が適応拡大に失敗している。免疫チェックポイント阻害薬では抗PD1抗体の2剤が適応拡大のフェーズIIIを実施している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)