日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

肝臓癌治療薬

(2016.12.16 00:00)

 2013年に国内で肝癌が原因で死亡した人は3万人を割り込み、減少傾向にある。腎細胞癌治療薬のソラフェニブが肝細胞癌の適応拡大の承認を3極で獲得した。肝細胞癌治療薬の開発の難易度は高く、複数の薬剤が適応拡大に失敗している。免疫チェックポイント阻害薬では抗PD1抗体の2剤が適応拡大のフェーズIIIを実施している。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧