全世界の2012年における胃癌の死亡数は72万3000人、ただし、東アジアが半数を占め、その他の国では稀な癌である。HER2陽性乳癌治療薬の適応拡大が承認され、新たに抗VEGFR2抗体も3極で発売となった。注目される癌幹細胞阻害薬、免疫抑制解除薬については、胃癌での臨床試験も開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)