日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

乳癌治療薬

(2016.12.16 00:00)

 全世界の2012年における乳癌の死亡者数は52万人超。2014年の国内の死亡者数は1万3240人。抗体医薬では抗HER2抗体のペルツズマブがブロックバスターの仲間入りを果たした。サイクリン依存性キナーゼ4、6阻害作用をもつ薬剤が初めて承認を取得し、市場導入にも成功した。免疫チェックポイント阻害薬では医療ニーズの高いトリプルネガティブ乳癌のフェーズIIIが進行している。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧