日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

肺癌治療薬

(2016.12.16 00:00)

 全世界の2012年における肺癌の死亡者数は、158万9800人。2014年の国内の死亡者数は7万3000人を超えた。アファチニブが非小細胞肺癌の1次治療薬として日米欧の3極で発売となった。免疫チェックポイント阻害薬のニボルマブとペムブロリズマブの非小細胞肺癌の適応拡大が承認された。その一方で、対象患者の増大によって財政が圧迫されるとして、高薬価薬剤の薬価切り下げの議論が活発化している。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧