日経バイオ年鑑2017【医薬・診断・医療機器】

医薬・診断・医療機器概論

(2016.12.16 00:00)

 グローバルの医療用医薬品市場は順調に成長しており、新薬承認数も高水準で推移している。ただし特許切れに伴う売上高の急落は製薬企業の経営を困難にしている。日本では加えて、当初の想定よりも売上高が増えた場合に薬価を最大50%引き下げる特例拡大再算定の制度が導入された。さらに抗癌剤「オプジーボ」に対しては、2年に一度の薬価改定のタイミング以外でも引き下げを実施することになった。医薬品の研究開発に視点を移すと、CART細胞療法やウイルス製剤、核酸医薬、遺伝子治療など革新的な製品の実用化が着実に進んでいる。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧