日経バイオ年鑑2017【注目領域の将来展望】

再生医療の展望

(2016.12.16 00:00)

 再生医療は、正常な細胞や組織を利用して疾患やけがで機能を失った臓器や組織を治療する方法だ。再生医療で治療できる可能性があるのは、従来の医薬品では治療困難な疾患のほか、がんや循環器疾患、関節病、眼病、中枢神経系疾患など加齢と関係するものも多く、社会的な高齢化で市場の拡大が見込める。再生医療に関連する事業には、医療で利用する細胞医薬の研究開発や販売に加え、周辺産業として、細胞医薬の研究開発に利用する装置や試薬の販売、細胞の受託製造サービスや細胞の運搬、保管などが挙げられる。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧