癌医療の将来を見極めるためにその前提として「癌医療の特性」とそれが対象にしている「癌自体の特性」を押さえる必要がある。癌基礎研究の成果に基づいた癌医療を新たに構築することが、医療関係者や製薬会社といったステークホルダーに求められる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)