遺伝子組換え作物の国内での試験栽培状況は表1に示す通りである。2カ所の大学、2カ所の外資バイオ企業などで行われた。商業栽培は表2の通りサントリーホールディングスの青いバラのみである。筑波大学では遺伝子組換え技術でつくられる八重咲きのシクラメンの研究が進んでおり、これが実用化すれば新しい園芸品種が誕生することになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)