2016年4月13日、ISAAA (国際アグリバイオ事業団)は、15年の世界のGM(遺伝子組換え)農作物の商業栽培面積を1億7970万ha(ヘクタール)、前年の1億8150万haから1ポイント、180万haの減少、つまり1996年の導入以来20年で初のマイナス成長に転じたと発表した。GM農作物の商業栽培国数は、キューバが抜けヴィエトナムが加わった結果15年と変わらず28カ国であった。うち20カ国、1650万戸の農家は発展途上国で、先進8カ国と合わせたGM農作物栽培農民数は約1800万戸となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)