日経バイオ年鑑2017【製薬・バイオ産業データ集】

日本市場における医薬品売上高ランキング2015年度

(2016.12.16 00:00)

 200億円以上の売り上げを示した品目は90製品だった。その売り上げの分布について見ると、1000億円以上が3製品、900億円以上1000億円未満が2製品、800億円以上900億円未満は3製品、700億円以上800億円未満が3製品、600億円以上700億円未満が2製品、500億円以上600億円未満が5製品と、売上高500億円を超える大型製品は18製品を数えた。以下、400億円以上500億円未満は14製品、300億円以上400億円未満は13製品、200億円以上300億円未満が最も多く45製品になった。合計90製品の平均売上高は402億円だった。ちなみに、91位は第一三共の「クラビット」(レボフロキサシン水和物)の184億円(前年同期比33.8%減)だった。同剤はグローバルに活躍し、ブロックバスターになった製品である。国内でも既に特許期間が満了して、毎年売り上げを下げ、2015年はついに200億円を下回った。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧