AbbVie社は米Abbott Laboratories社から2013年に医療用先発品を扱う医薬品事業が分離・独立してスタートした企業である。売上収益は124億1000万ドル(前年同期比18.0%増)の2桁増収、為替の影響を除いた実績ベースでは20%増となった。地域セグメント別では、米国の売上収益は75億9400万ドル(同26.1%増)の2桁の増収を達成した。米国以外の地域は47億9600万ドル(同6.7%増)と前年の減収から増収に転じている。実績ベースでは12%増でとなり、ドル高となった為替の影響を受けた格好だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)