日経バイオ年鑑2017【製薬・バイオ産業データ集】

欧米大手製薬企業2016年第2四半期決算

(2016.12.16 00:00)

 AbbVie社は米Abbott Laboratories社から2013年に医療用先発品を扱う医薬品事業が分離・独立してスタートした企業である。売上収益は124億1000万ドル(前年同期比18.0%増)の2桁増収、為替の影響を除いた実績ベースでは20%増となった。地域セグメント別では、米国の売上収益は75億9400万ドル(同26.1%増)の2桁の増収を達成した。米国以外の地域は47億9600万ドル(同6.7%増)と前年の減収から増収に転じている。実績ベースでは12%増でとなり、ドル高となった為替の影響を受けた格好だ。

ここから先の閲覧は、書籍「日経バイオ年鑑」購入者、「日経バイオテク」購読者、
「日経バイオテクONLINE」購読者のうち、アクセス権を保有している方に限ります。

ログイン

・日経バイオ年鑑の購入はこちら

日経バイオ年鑑2017
データベース全項目検索

データベースの各データ項目の全てを対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

解説記事検索

解説記事を対象に検索できます。
検索語をスペースで区切るとand検索を行います。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧