人工アミノ酸で多様性向上、表現型対応付け技術も進化

 東京大の菅裕明教授らの特殊ペプチド技術を製薬企業が相次ぎ導入している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)