2015年1月28日、ISAAA( 国際アグリバイオ事業団)は、14年の世界のGM(遺伝子組換え)農作物の商業栽培面積を1億8150万ha(ヘクタール)、前年の1億7500万haから3.7ポイント、600万ha以上の増加と発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)