国内の酵素市場の規模は前年から微増のおよそ265億円と推定される。世界市場では、バイオ燃料の低コスト生産に向け、酵素の有効利用のための研究開発が盛んだ。天野エンザイムは酵素の実績を生かし、再生医療分野への進出を目指して各種の展示会などで自社のシーズのアピールやニーズのくみ取りを進めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)