アスタキサンチンはサケ、エビ、カニなど、主に海洋生物に含まれる赤い色素成分。もともとはこれら魚介類・甲殻類が餌としている藻類が作っているカロテノイドの1つで、活性酸素の消去能が高く、とりわけ一重項酸素の消去能に優れる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)