遺伝子組換え作物の作付面積割合は、米国のトウモロコシやダイズ、カナダのナタネ、豪州のワタなど、日本への最大輸出国において軒並み90%を超えている。世界的な食肉需要の高まりや食糧増産に応えるため、南米をはじめとして世界各地に遺伝子組換え穀物が広がりつつある。日本では、イネやダイズなどの育種技術の開発や遺伝子の機能解析、育種で成果を挙げている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)