【日経バイオテクONLINE Vol.2723】

Wmの憂鬱、日本のイノベーター、第4弾の(5)、J-TEC、再生医療冬の時代を生き抜いた

(2017.07.13 15:00)1pt
宮田満

 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)にヒトも集まった。米Harvard大学から皮膚細胞培養技術も導入した。後は我が国では誰も成功していなかった再生医療の事業化にまい進するだけだ。「1999年の創業の翌年には培養表皮を発売する計画だった」とJ-TECの大須賀俊裕専務執行役員(以後、敬称略)。しかし、この楽観的な計画はすぐに頓挫する。大須賀が「規制は後でついてくる」とため息を漏らしたように、想定外の事態が起こったのだ。この結果、J-TECを追っていたベンチャー企業のほとんどが倒産するか、新規参入した医療機器メーカーは撤退するか、という“再生医療冬の時代”が、我が国に訪れた。

◎関連記事

日本のイノベーター、第4弾の(4)、J-TEC、幸運な出会い

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/news/17/07/06/00008/?ST=wm

日本のイノベーター、第4弾の(3)、J-TEC、企業ベンチャー設立の真実

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/news/17/06/29/00007/?ST=wm

日本のイノベーター、第4弾の(2)、J-TEC、再生医療船出までの曲折

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/news/17/06/21/00005/?ST=wm

日本のイノベーター、第4弾の(1)、J-TEC、起業家精神の遺伝

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/news/17/06/13/00004/?ST=wm

J-TEC単年度黒字の秘密

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/06/05/00224/?ST=wm

 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Wmの憂鬱Premiumサイト( https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧