新型コロナ死亡率低下、着実に進化する治療薬群

 4連休はいかがでしたか?我が国でも我慢の糸もとうとう切れた模様で、行楽地はどこも大混雑。1週間から2週間後には新型コロナウイルスの感染者数は確実に増加を始め、第3のピークを迎えることになるでしょう。イスラエルは再びロックダウン、英国でもパブの営業時間短縮など欧州では新型コロナの再興を抑止するための施策が打たれ始めました。日本でも感染の第3のピーク次第では、再び規制強化の憂き目に遭うことは避けられそうにありません。緩和と規制を繰り返しながら、新型コロナと付き合うしかない状況です。ただ、朗報は全世界的に感染者に対する死亡率が低下していることです。我が国は3.2%程度、米国も3%台まで低下してきました。これは新型コロナウイルスに対する理解が深まったことに加えて、新型コロナウイルスが命を脅かす発症プロセスに対して、治療薬や治療介入の方法が確立されつつあるためです。生命科学は着実に新型コロナウイルス脅威に対抗しつつあるのです。



◎関連記事

https://twitter.com/miyatamitsuru/status/1308373722814803968

上記の米国Johns Hopkins大学のDBで死亡数と合わせて比較願います。

https://twitter.com/miyatamitsuru/status/1308363037129150464

https://twitter.com/miyatamitsuru/status/1307955127370702848

https://www.roche.com/investors/updates/inv-update-2020-09-18.htm



突然ですが、日経BP完全卒業の辞と次なる挑戦

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/08/26/00608/



◎利益相反

宮田総研の合弁会社、(株)ヘルスケアイノベーション(HCI)が創成したHCI1号ファンドには第一三共、大日本住友製薬、兼松が出資、年末までに最終出資締め切りを行います。同ファンドが投資を決定した企業は現在ありませんが、逐次報告します。こうした企業群に関する執筆内容には利益相反が存在することをご承知願います。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。



※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら