実用化迫る新型コロナワクチンAZD1222の虚実

 英AstraZeneca社は我が国でも、新型コロナウイルスワクチンAZD1222の第1/2相臨床試験を2020年9月4日に着手したと発表しました。既に、コロナワクチンの実用化に向けてカウントダウンが始まりました。これはブリッジング試験なので、2020年9月1日に米国でも始まった第3相臨床試験のデータと合わせて、我が国にも製造承認申請が行われる予定です。米国では11月4日の大統領選挙までに緊急使用認可(EUA)を出すことが政治的に検討されています。いずれにせよ、もう実用化寸前です。今回のメールでは緊急取材して、このワクチンがどれだけ期待でき、どれほどのリスクがあるかを分析してみたいと思います。このワクチンを我が国の政府は、1億2000投与分購入する契約を結びました。皆さんはこのワクチンの接種を希望しますか?それを判断するためにも、ぜひ、この記事全文をお読み願います。



◎関連記事

https://twitter.com/miyatamitsuru/status/1301772542378606592

https://twitter.com/miyatamitsuru/status/1300619848624431111

突然ですが、日経BP完全卒業の辞と次なる挑戦

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/08/26/00608/

◎10月1日以降、このコラムを購読した読者は以下のサイトより登録願います。事前登録には特典を用意しております。

新Mmの憂鬱サイト(お知らせメール登録)

https://miyata-bio.net/



◎利益相反

宮田総研の合弁会社、(株)ヘルスケアイノベーション(HCI)が創成したHCI1号ファンドには第一三共、大日本住友製薬、兼松が出資、年末までに最終出資締め切りを行います。同ファンドが投資を決定した企業は現在ありませんが、逐次報告します。こうした企業群に関する執筆内容には利益相反が存在することをご承知願います。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。



※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら