突然ですが、日経BP完全卒業の辞と次なる挑戦

 メッシ退団ほどのインパクトではありませんが、皆さんを驚かせるニュースをお伝えしなくてはなりません。私は、日経BPを10月1日から完全卒業することになりました。ベンチャーキャピタル(VC)「ヘルスケアイノベーション」の代表取締役を務めながらコラムを執筆することに、どうやら懸念を持たれたことが原因のようです。日経BPの媒体では、社長やVCの担当者がコラムを執筆することもありますが、身内には厳しいようです。中立性に一点の曇りも無く、身奇麗にしたいということでしょう。突然言われた私も驚きましたが、読者をこのまま放り出すわけにはまいりません。そこで慌ただしく、私自身が運営するコラムサイト「新Mmの憂鬱」を立ち上げました。10月1日より運営を開始しますが、まずは皆さん、下記のサイトよりお知らせメールに登録願います。ご登録いただいた方には特典も用意しております。新サイトの準備が整い次第、皆さんに告知いたします。今以上にパワーアップしたコラムと今までは実現できなかった、皆さんとの意見交換を実現したいと考えております。より皆さんにお役に立つコミュニティーメディアを開発しますので、どうぞご期待願います。

◎新Mmの憂鬱サイト(お知らせメール登録)

https://miyata-bio.net/



 という訳で、今回のメールで予定していたCureApp社長のインタビュー記事は来週に変更させていただき、完全卒業の辞をお届けいたします。



◎利益相反

宮田総研の合弁会社、(株)ヘルスケアイノベーション(HCI)が創成したHCI1号ファンドには第一三共、大日本住友製薬、兼松が出資、年末までに最終出資締め切りを行います。同ファンドが投資を決定した企業は現在ありませんが、逐次報告します。こうした企業群に関する執筆内容には利益相反が存在することをご承知願います。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら