世界の新型コロナウイルス治療薬開発ランキング

 前回のメールで世界保健機関(WHO)の最新データベースに基づいて、新型コロナウイルスのモダリティを分析しました。現在、開発(非臨床研究、臨床試験)されている261種の治療薬・医療機器を分析すると、抗体(血漿製剤、組換え抗体など)は72件、抗ウイルス薬(低分子)は25件、細胞治療は17件、RNA医薬は6件、治療用医療機器は8件ありました。今回はその他に分類されていた111種の治療薬を分析してみました。一言で申し上げると、炎症、自然免疫、血液凝固、細胞増殖など幅広い標的に対して、多様な治療薬の投入が試されていたのです。

◎関連記事

新型コロナウイルスを駆逐するのはどのモダリティなのか?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/07/13/00598/



◎利益相反

宮田総研の合弁会社、㈱ヘルスケアイノベーション(HCI)が創成したHCI1号ファンドには第一三共、大日本住友製薬、兼松が出資、年末までに最終出資締め切りを行います。同ファンドが投資を決定した企業は現在ありませんが、逐次報告します。こうした企業群に関する執筆内容には利益相反が存在することをご承知願います。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら