我が国の新型コロナ抗体陽性率0.1%の謎

 厚生労働省の新型コロナウイルスに対する抗体陽性者の疫学研究が発表されました。それによると、我が国の感染者(抗体陽性者)は0.1%にとどまり、テレビや新聞などでのマスメディアは、第2波を懸念する情報に満ち溢れています。しかし、これは本当なのでしょうか?何か、大切なものを見過ごしている可能性があると思えてしょうがないのです。

◎関連記事

https://www.mhlw.go.jp/content/000640287.pdf



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)