第3相入り目前、新型コロナmRNAワクチンの正体

 来月にも第3相臨床試験を始めると公言している米Moderna社のmRNAワクチンmRNA-1273に関する前臨床試験の論文の草稿が発表されました。同社は第2相臨床試験に入る時に曖昧な情報しか公表しておらず、米国のメディアで叩かれています。今回の論文をじっくり読むと、同社が中東呼吸器症候群(MERS)やジカウイルスに対するmRNAワクチンの開発を先行させており、そこから基本技術を転用したことによって、中国が新型コロナウイルスのゲノム配列を公開した2020年1月10日からわずか66日間で第1相臨床試験を始められた謎が解けました。

◎関連記事

パンデミックの救世主となるか、mRNAワクチン

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/03/10/00559/

新型コロナウイルスに対する国産ワクチンを開発着手!

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/01/30/00548/

新型コロナウイルスワクチン開発を阻む2つの壁

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/04/21/00576/



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら