リキッドバイオプシー(LB)は、がんゲノム医療の切り札です。昨日(2020年6月10日)、国立がん研究センターが世界最大級のLBの医師主導国際共同臨床研究「CIRCULATE-Japan」の始動を発表したのです。我が国がイニシアチブをとる真の狙いを解読します。

◎関連記事・リンク

Mmの憂鬱、がん診療を革新するLBはここまで来た!

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/01/23/00546/

Mmの憂鬱Premium、新型コロナ騒動の中でも力強く芽吹くバイオの未来

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/04/01/00569/



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)