新型コロナ研究開発1000億円投資の行方を占うBBJ

 令和2年度の補正予算(一次、二次)で新型コロナイルスの診断薬・治療薬・ワクチンの開発や普及に投じられた予算は大雑把に言って、一次補正で716億円、二次補正で2600億円です。1次補正で2000億円相当、まだマスクを配っているのに比べ、見劣りしますし、二次補正の2000億円はワクチンの供給体制整備とPCRや抗原検査の拡充に投入されるので、実質上は600億円程度です。一次補正の投資額の内、355億円はアビガンの調達や国際的なワクチン開発ファンドへの投資に回され、45億円はPCRの保険医療の負担分ですから、真水の研究開発は300億円程度、つまり令和2年の1次・2次補正予算で投入される研究開発費は1000億円以下にすぎないのです。しかし、日本医療研究開発機構(AMED)の昨年度の予算が1500億円程度であると考えると、未曽有の新型コロナウイルス研究バブルともいえるかもしれません。ただし、民間企業が新薬を開発するために1200億円から1500億円以上の研究投資が必要だと考えると、今回は頑張ったと思いますが、相変わらず政府予算はtoo small and too lateであると言わざるを得ないのです。政府の投資額としては多いが、民間の投資額としては不十分という中途半端な状況なのです。残念ながら米国との国力の差をかみしめざるを得ないのです。さて、それでは効率の高いだろうと考えられている基礎研究に巨額な投資をした場合、どんなアウトカムが得られるのでしょうか?2002年から16年間、我が国が合計916億円(最終年度は要求予算なので、総額は少し減ると思います)投入したオーダーメイド医療実現化プロジェクト(BBJ、2013年から17年はオーダーメイド医療の実現プロジェクトに名称変更)の集大成とも言うべき成果が、本日「Nature Genetics誌」に発表されたました。ほぼ新型コロナの研究開発投資に匹敵する1000億円を投資したプロジェクトを検証してみましょう。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)