「ベオビュ」発売、しかし、急成長AMD市場で帝国の逆襲が始まった

 5月25日、我が国でもスイスNovartis社の抗VEGF一本鎖抗体「ベオビュ」(ブロルシズマブ)が発売されました。滲出性加齢黄斑変性(wAMD)という老齢化に伴って拡大しつつある巨大市場を巡るバイオ医薬開発もとうとう最終点に到達したかと考え深くニュースを見ていたのですが、翌日、米国Genentech社はあっと驚くような記者発表を行いました。画期的な眼球埋め込みデバイスを開発、技術革新で後れをとっていた抗VEGF抗体断片(ab)「ルセンティス」の復活を狙っていたのです。抗体医薬の開発競争は誘導体開発からデバイス開発へと戦線が拡大したのです。

◎関連記事・リンク

https://www.novartis.co.jp/news/media-releases/prkk20200525

https://www.gene.com/media/press-releases/14854/2020-05-26/port-delivery-system-with-ranibizumab-sh

Mmの憂鬱、抗体誘導体の主戦場となった眼科疾患

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/10/17/00521/

Mmの憂鬱、抗体医薬の快進撃持続、94種が製品化

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/11/28/00533/



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)