日本のイノベーター第6弾(1)次世代ゲノム技術、今こそ総力を結集してゲノム編集治療開発へ

 新型コロナウイルスだけに気を取られていては、未来はありません。今週から、バイオの未来を握る技術の1つであるゲノム編集技術の最新動向を連載していきます。テーマは次世代ゲノムの活路。第1回はゲノム編集技術が今や複数の技術を集積したゲノム編集治療技術として発展する入り口に立ったことを、自治医科大学分子病態治療研究センター再生医学研究部の花園豊教授に伺いました。ゲノム編集技術が基本特許の先陣争いを終えた今、我が国の研究者がリードしつつある次世代ゲノム編集技術はどこに向かっているのか? 国家プロジェクトとして次世代ゲノム編集技術を推進しようという花園教授の狙いを明らかにします。

◎関連記事

誤解してはならない、次世代ゲノム編集は日本勢が優勢だ

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/02/18/00553/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)