Mmの憂鬱Premium

自粛はここまでやれば良い、新型コロナ対策

(2020.03.17 11:00)1pt
宮田 満

 いつまで自粛が続くのか? また、現在の医療体制で新型コロナウイルスの重症化による死者の増加をどれだけ抑えられるのか? 皆さんの最も気掛かりな点ではないでしょうか? 実は感染症の流行モデルは意外にも簡単な数式で表せます。最も重要な変数は基本再生産数(R0)です。これは新型コロナウイルスに感染した患者が、新たに何人に感染させるかという数です。R0<1になれば、流行は終息に向かいます。R0は感染のピークまでの時間も決定する要因です。実際には手洗いや人込みを避けるなど、国民の努力でR0を引き下げることができます。これを実効Rと呼びますが、現在国の専門家会議が呼び掛けている感染症対策は実効R<1を目指すものです。皆さんの手洗いやちょっとした感染症対策への気遣いが極めて有効で、ある意味、将来開発されるワクチンの供給を補う努力であることを認識していただきたい。もし日本が、強制的な封じ込めを取らずに、国民の自主的努力で社会の免疫力を高め、死亡者数を抑止しつつ、実効R<1を実現できたとしたら、中国的強制モデルに取って代わる日本的モデルとなるでしょう。しかも、社会や国民の免疫力は高まっておりますので、世界各国に猖獗(しょうけつ)するであろう新型コロナウイルスの再侵入に対する抑止力も高めることができると考えます。ただし、これには中国的強制モデルよりも時間がかかります。経済の緊急対策を積極的に行い、まず政府は国民生活を守らなくてはなりません。

◎関連記事

日本企業はどこにいる? 新型コロナ対策

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/03/12/00560/?ST=wm

パンデミックの救世主となるか、mRNAワクチン

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/03/10/00559/?ST=wm

治療薬に肉薄した新型ウイルス肺炎、2019-nCoV

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/02/03/00549/?ST=wm

新型コロナウイルスに対する国産ワクチンを開発着手!

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/20/01/30/00548/?ST=wm

https://twitter.com/miyatamitsuru/status/1237522637477130240

https://twitter.com/miyatamitsuru/status/1237519883476193280



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧