LAMP法の栄研化学や富士フイルム、ニッポンジーンなど我が国のメーカーばかりでなく、ドイツAltona社など国内外のメーカーがSARS-CoV-2の診断薬開発に雪崩を打って参入しています。しかし、診断薬やPCR検査の普及が進めば問題が解決できたと考えるのは早計です。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/)からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら