【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、我が国のデジタルセラピューティクスに危機迫る

(2020.01.21 10:00)1pt
宮田満

 本来なら先週末に開催され、会場を埋め尽くしていた日本Liquid Biopsy研究会に関して執筆する予定でしたが、昨日、重要な情報が飛び込んできましたので、それを速報いたします。中央社会保険医療協議会(中医協)の枢要なメンバーからの、この春の薬価制度改定に関する情報でした。もし、それが本当なら我が国のデジタルセラピューティクス(DTx)は壊滅的な打撃を受けることになります。



◎関連記事

デジタルセラピューティックスは製薬企業の敵か味方か?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/04/15/00466/?ST=wm

来春我が国で始まる治療アプリ(DTx)保険収載

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/05/16/00477/?ST=wm

わが国でもDTx治験は医薬品並みが必要か?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/07/11/00495/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

バックナンバー新着一覧

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧