バイオインダストリー協会(JBA)は2019年11月27日、「創薬モダリティ基盤研究会」を発足させました。私も景気づけに講演したのですが、なんと会場は200人近い聴衆でぎっしり満員でした。経済産業省系のJBAとしては初めてこれだけ多数の製薬企業が参加する研究会となりました。多くの企業がモダリティの津波に危機感を募らせていることが痛いほど分かりました。モダリティ革命の嚆矢(こうし)となった抗体医薬の最新状況をまとめましたので、今回のメールでお伝えいたしましょう。



◎参考記事

2019年、製薬産業と医療を襲うモダリティ革命

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/01/11/00412/?ST=wm

低分子抗体商品化の嵐が来る

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/04/18/00470/?ST=wm

抗体誘導体の主戦場となった眼科疾患

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/10/17/00521/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間550円(税込み)で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)