アルツハイマー病の治療薬に一筋に光が見えたのか、それとも幻か。エーザイと共同開発していた米Biogen社が抗アミロイドβ(Aβ)抗体、aducanumabの製造承認申請を、2020年早期に米国食品医薬品局(FDA)に行うと、2019年10月22日に発表、関係者を仰天させました。土壇場の大逆転となるのか?一体何があったのか?現在、得られるデータで解析します。



◎関連資料・記事

Aducanumabの蹉跌、Aβ仮説に未来はあるか?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/03/25/00439/?ST=wm

日英認知症会議報告、アルツハイマー病に新たな創薬標的出現

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/03/20/00320/?ST=wm

成長に暗雲漂う世界製薬市場

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/06/26/00238/?ST=wm

アルツハイマー病、土壇場のAβ仮説、薄弱な臨床基盤



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)