BioJapan2019は、ジャパンヘルスケアベンチャーサミット(JHVS)、再生医療ジャパン、Me-Byo Japanの3つのサイドイベントを包含して大きく成長しました。BioJapan2019の主催ゾーンでは、企業支援に転じた環境省を迎えBioEconomyゾーンを新設しました。昨年から強化されたDigitalゾーンと初回からあるHealthcareゾーンの3つが顔を揃えました。医療にインパクトを与えたレッドバイオが先行した日本のバイオにも大きな変化が起こりつつあります。なかでも、ビッグデータ科学へと変貌した生命科学の謎を解く、有力な武器となる人工知能(AI)には多くの注目が集まり、実用化も始まりました。AIやビッグデータサイエンスのグル(教祖)の一人であるソニーコンピュータサイエンス研究所の北野宏明代表取締役社長の基調講演「AI駆動型生命科学」には熱い視線が会場から浴びせかけられました。なんと北野社長は「生命科学の分野でAIにノーベル賞を2050年頃までに受賞させる。しかも、ノーベル賞審査委員会がAIだと気づかないように」と、Nobel Turing Challengeというチューリングテスト(AIの完成度を測るテスト)を仕掛けよとしていたのです。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)