個の医療を受けたい。でも痛い生検はイヤというのは人情というものです。特に肺生検などはとてもじゃないがお勧めできません。1回許諾した患者も2回目にはなかなか許してくれないと専門医は嘆いております。個の医療、あるいはゲノム医療の最大の壁は、患者にとって生検という侵襲性の強い検査が必要なことだったのです。その限界を、米Genentech社と米Foundation Medicine(FM)社が打ち破るデータを世界で初めて発表しました。2019年10月1日までスペインのバルセロナで開催されていた欧州臨床腫瘍学会(ESMO)で、生検の壁を乗り越えるリキッド・バイオプシー(LB)の成果を報告したのです。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)