iPS細胞由来の疾患モデル細胞を活用した創薬スクリーニングが、私の予想以上に進展しており、正直驚きました。少なくとも、iPS細胞から比較的安定的に分化誘導される神経疾患に対する創薬のプラットフォームへとiPS細胞が発展しつつありました。先週の週末、仙台で開催された臨床化学会で、京都大学iPS細胞研究所の井上治久教授の講演で、そうした進展が明確に語られたのです。



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)