【日経バイオテクONLINE】

Mmの憂鬱、再選に突っ走るTrump大統領が破壊する米自由薬価市場

(2019.09.24 08:00)1pt
宮田満

 バイオイノベーションのアキレス腱である新薬の薬価高騰にメスを入れるべくとうとう米国が動きだしました。先週月曜日からWashington D.C.でリークが始まった米国議会下院のNancy Pelosi議長(民主党)がまとめている医薬品薬価規制法案(DPRA:仮称)のドラフトが静かな波紋を広げていました。2019年9月18日にNancy Pelosi議長がその内容に公に言及したのです。法案として米国議会に提出されるまでは民主党での意見統一が必要ですが、なんと法案の最大の支持者は来年大統領選挙を控えあらゆる手段で民意を引き寄せようとする共和党のDonald Trump大統領、その人でした。伝統的に医薬業界に近い共和党を割ってでも、再選に意欲を燃やす大統領のおかげで、米国の製薬産業は追い詰められつつあります。勿論、米国市場に収益を頼る古いビジネスモデルを追求する我が国の製薬企業も影響は避けられないのです。



◎関連記事

米国で再燃したCARTバブル、今こそ冷静に

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/07/02/00492/?ST=wm

難病の日に改めて思う、新薬開発と保険財政のバランス

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/05/29/00481/?ST=wm

世界初の遺伝子治療ブロックバスターを受け入れる条件

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/05/27/00480/?ST=wm

高額バイオ薬に対応する真の薬価制度改革

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/18/01/23/00301/?ST=wm

費用対効果分析が薬価切り上げの根拠になる日

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/04/12/00191/?ST=wm

今年のバイオ産業を脅かす3つの波乱要因

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/17/01/04/00145/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧