米Apple社が米国立衛生研究所(NIH)、米国立環境健康科学研究所(NIEHS)、そして米Harvard大学T. H. Chan公衆衛生校と共同で、スマートフォンアプリ(Reserch Kit)を活用した女性の健康研究を行う基盤形成(ウェブサイト上のコホートやレジストリー)に着手することを2019年9月10日に発表しました。このアプリはアップルストアで年内に無料で配布されます。いよいよ大規模で長期にわたる女性の医学研究の新しいインフラ形成が始まりました。実は現在でも、女性の健康情報に関するスマホや携帯電話による情報提供は、我が国が世界をリードしています。日本のリードを脅かす動きが始まったのです。この戦いこそ、デジタル・セラピューティックス(DTx)の開発や先端医学研究を加速するインフラの戦いでもあるのです。

◎関連記事

我が国の企業が23andMe社を凌駕する? 第2世代のPGSの火蓋が切られた

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150416/183965/?ST=wm

善用できれば、次世代PGSがもたらす医療と健康革命

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141208/180997/?ST=wm

23andMe社の復活、頓挫した次世代PGS本格離陸へ

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20141204/180952/?ST=wm

ゲノム・Lifelog情報に起こったゴールドラッシュ

https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20140515/176381/?ST=wm

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)