Mmの憂鬱、Rapid Recoveryの謎2

(2019.09.10 15:20)1pt
宮田満

 札幌出張の一つの目的は、札幌医科大学神経再生医療学部門の本望修教授を取材することでした。このメールでもお伝えした自家骨髄間葉系幹細胞「ステミラック」を脊損患者に投与した時に観察される急激な回復減少(Rapid Recovery)の謎を解明したかったのです。下記の記事では中枢神経の可塑性によって生じることを示唆しておりましたが、どうやらそれだけではなく、脊損部位の周辺での神経細胞の修復も関与していると本望教授は考えておりました。CYBERDINEが慶應義塾大学と脊損の再生医療とロボットスーツによるリハビリの併用で共同研究した理由も、なんとなく推察できるようになりました。今回はどうぞ下記の記事も併せてお読み願います。

◎参考記事

再生医療の本命ステミラックで生じるRapid Recoveryの謎

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/08/29/00507/?ST=wm

バイオに深入りするCYBERDINEが希求するIoHとは何だ?

https://bio.nikkeibp.co.jp/atclwm/column/19/08/27/00506/?ST=wm



 ここからは申し訳ありませんが有料で全文をお楽しみ願います。Mmの憂鬱Premiumサイト(https://bio.nikkeibp.co.jp/wm/ )からならお得な料金(個人カード払い限定、月間500円で読み放題)で購読いただけます。以前のバックナンバーもまとめてお読みいただけます。

※日経バイオテクONLINEの読者は、日経バイオテクONLINEのサイトから記事にアクセス願います。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み
  • 「日経バイオテクONLINE Mmの憂鬱Premium」への会員登録はこちら
  • 「日経バイオテクONLINE」についてはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧